仙台 サービス付き高齢者専用賃貸住宅エグゼクティブコート希望の華咲くⅠ・Ⅱ号館 2月22日の昼食。

2019/02/22

仙台 サービス付き高齢者専用賃貸住宅エグゼクティブコート希望の華咲くⅠ・Ⅱ号館 2月22日の昼食です。

 

麻婆焼きそば

スープ

いんげんおかか煮

杏仁豆腐

 

☆ 『麻婆焼きそば』

 

仙台発祥と言われている『麻婆やきそば』・・・

 

当館は高齢者住宅ですし、県内外から引っ越され、お住まいのご入居者様方ですの知らない方々が多かったので・・・

 

『麻婆やきそば』とは?

【定義

以下の3点を、仙台マーボー焼そばの条件としている。

麻婆を使い、具は豆腐に限定しない。

麺は焼くか、揚げたものとする。

宮城県中華飲食生活衛生同業組合の認定人が認定したものとする。

2015年現在、宮城県内49店舗(内、仙台市内42店舗)が仙台マーボー焼そばを提供する店として認定されている。

 

【歴史

1970年代前半に、仙台市内の中華料理店「まんみ」にて賄い料理として提供したのが始まり。その後同店の正式なメニューとして加えられたが、人気メニューとは到底言えない料理だった。しかし2013年、『秘密のケンミンSHOW』で「仙台市民なら誰もが知っているメニュー」として取り上げられた。

テレビ番組放映後、仙台マーボー焼そばを注文する客が大きく増加したことで、宮城県中華飲食生活衛生同業組合は対応に苦慮。発祥の店である「まんみ」が中心となって「マーボー焼そば推進委員会」を設立し、同年10月より仙台市の新たなご当地グルメとして普及させてゆくこととなった。

2014年6月には、コンビニエンスストア大手のローソンが、宮城県内の店舗において期間限定商品として商品化[3]。同年10月、マルニ食品(宮城県登米市)が袋麺として製品化するなど、ご当地グルメとして浸透しつつある。2015年5月には、サークルKサンクスが東北・北海道地区の店舗において期間限定商品として販売を開始した。

 

要するに、上記冒頭に記載【定義】の条件を満たしていれば、『麻婆やきそば』という事ですね。

 


高齢のご入居者様の皆様には、いつも美味しく召し上がられて頂いております。

                                

日本・東北・宮城・仙台で

                                 

サービス・介護・看護付き #高齢者住宅 #高齢者向け住宅

 

お探しでお困りの方は

                                               

是非、サービス付き高齢者専用賃貸住宅

                                        

エグゼクティブコート希望の華咲くⅠ・Ⅱ号館まで

 

ご気軽にご連絡頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

【問い合わせ】https://www.nakagawa-ec.jp/contact/

➿0120—033—339(中川迄)